ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

時間帯によって変わる標識

2017年5月訪問 [36°08'35.8"N 137°15'29.5"E]


岐阜県高山市といえば宮川朝市が有名ですよね。その朝市はともかくとして、朝市の入り口には時間帯によって変化するという珍しい標識が設置されているので見に行ってきました。



こちらが宮川朝市の入り口です。右の標識にご注目ください!



おや、標識に切れ目が見えますね。しかも上にはソーラーパネルがついています。
そう、これこそが時間帯によって変わる標識なのです。この宮川朝市の標識は正午12時に自転車歩行者専用道路から駐車禁止の看板にくるっと回って変わるそうです。(戻る瞬間が何時なのかは不明)
このように時間帯によって変わる標識は可変標識と呼ばれているようで、ここのようにくるっと回って変化する標識は珍しいですね。普通は時間によって交通ルールが変わる場所だと、通行禁止【7:00-8:00】というような標識が設置されていますが、見かけたときに「あれ、今何時だ?」となって判断に時間がかかってしまうので、標識自体が変化するというのはわかりやすくていいですね。



先ほど見たのは宮川朝市の南の入り口でしたが、北の入り口にも同じ標識があります。






ちなみに標識が変化する瞬間の写真がないのは、午前10時くらいに朝市を見終わってしまい、12時まで待っていると駐車料金もかかるし後の観光地をみる時間が無くなってしまうので撤退してしまったからです。いつか変化する瞬間を見たいものです。



ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る