ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

大和香林坊店・めいてつエムザ・近江町市場

2013年訪問


金沢の二大デパート、大和 香林坊店・めいてつエムザにはどちらも屋上があり、どちらも素晴らしい屋上だったので紹介したい。

大和香林坊店



現在大和は金沢市内にここしかないが、金沢店ではなく香林坊店という名前がおしゃれだ。ここがオープンするまでは片町に本店があり、こちらに本店が移ってからはラブロ片町として営業していたが現在では解体されてしまった。そちらにも屋上があったようだが行けずじまいで残念である。



大和の屋上への階段の入り口はプレイランドの看板で飾られている。子供の時にこのゲートを見たら屋上へ行きたい気持ちが一層高まるだろう。私の地元の東武デパートも階段の部分にピエロなどの絵がかいてあってワクワクしたものだ。



階段を上がると屋内ゲームセンターがあり、ここを通って屋上へ出る仕組みだ。



屋上へ出ると遊園地が広がっている。






屋上の外周には柵があるが隙間から十分景色を見ることができる。そして地面には謎の土のう。



景色はなかなか良い。109にも屋上がありそうなので後で行ってみることにする。



反対側の中央公園の様子もよく見える。




柵と壁の間にあるちょっとした空間。これもデパートの屋上には欠かせない要素だ。



神社ももちろんある。



しかし入れない柵の向こうにも祠がある。一つの屋上に二つの宗教施設があるのも珍しい。



屋上の端っこにはシーソーのようなものが放置されていて草に覆われている。



従業員休憩所のようなスペースもある。



従業員用ドアの前においてある土のうは植物に覆われていた。



なぜかこの一帯だけおしゃれな空間が広がっている。ほかの場所がさびれているのはいいのだろうか。



階段を上ると屋上全体の様子がよくわかる。



このように高さの違う屋上があるのは、屋上を見渡せたり階ごとに雰囲気を変えたりできてよいのだが・・・



階段を上った先には特に何もなかった。





先ほど見たKOHRINBO109、屋上に庭園みたいなものがあったのでいってみると・・・



閉鎖されていた。残念。ちなみにKOHRINBO10は2016年に香林坊東急スクエアという名前に変わったらしい。




めいてつエムザ



続いてめいてつエムザ。こちらの屋上はとても広くて素晴らしい屋上であった。



まず屋上への入り口。ここからみえる屋上がすでに昭和感を醸し出していて素晴らしい。



そして屋上と店内は寒さ対策のためか二重扉で仕切られておりその間は休憩室のようになっている。



さきほどの扉を出るといきなりコンクリートブロックがおいてある。



このカラフルな屋根と青白が交互に並んだ椅子がたまらん。



さびれたガラス扉とまた落ちているブロック。



先へ進むとテラスのように道が続いていてデパートの周りを半周できる。



テラスだけあって景色はよい。



さらに先には使われていない棚がおかれている。



細長いテラスから戻って最初の入り口の近くに戻ると階段があった。



上ってみたところ、この2階部分はそんなに広くないようだ。



2階部分には神社があった。というより神社しかなかった。この小さな2階スペースに神社のみ設置してあるのは面白い。



神社から振り返ると最初に入ってきた入り口が見える。



反対側の階段はらせん階段だ。こんな狭い2階部分に階段を二つも用意するなんてすごい。



階段の下には青く塗られた池のようなスペースがある。



水のない池と噴水。これもさびれたデパートの屋上には欠かせない要素だ。昔はこの階段を上ると下には池や噴水が見えてきれいだったのだろうが今は汚れた物体がおいてあるだけである。



池の上の階段を上る前に外を見ると近江町市場がみえる。



奥のほうの非常口の前には土のうを発見。金沢では土のうが流行っているのか?



そして階段を上って2階に上がってみる。





2階には円形の広場があった。奥に見えるシャッターが下りている建物はステージだろうか。



このうんていのような構造物も気になる。屋根をかけるわけでもないし藤棚でも作るつもりなのだろうか。手前の支柱は足元がコンクリートで補強されているのに奥の支柱はされていないところも気になる。



屋上からそのデパートの看板が見えるのは屋上好きとしてはうれしい。ちなみにこの看板のすぐ下の部分も屋上になっていた。



この階にもテラスのような道が伸びているが手前に謎の物体がおいてあって入れなかった。



柵と壁の間のスペースも発見。



なぜかここには割れたタイルが並べられていた。



めずらしい三角形の行き止まりだ。・・・と思ったが頑張れば通れそうだ。しかし通路にしてはおかしいし、あとから建物を建てたらこうなってしまったのだろうか。



通った先にはアンテナのようなものがあった。



こぢんまりした場所にベンチがあった。こんなベンチならとても落ち着けそうだ。



円形の形をした場所に水飲み器のようなものがあった。



それよりも気になるのはとなりのこれだ。水道に関係ありそうだがどう使うのかよくわからない。



大和と同じように近代的なおしゃれ空間もあった。



2階から1回を見た様子。



実は今まで見てきた屋上のほかにもう一つ屋上がある。エムザの看板のすぐ下の階だ。



そういえばゲームコーナーを見ていなかったが、こちらにちゃんとあった。



こちらの屋上は屋上菜園になっているようだ。



よく見ると植物はすべて鉢植えに植わっている。臨時で菜園にしているだけかもしれない。



プレハブのような休憩所があったのだが・・・



見事なまでに椅子の種類がバラバラだ。パイプ椅子でもソファでも好きな椅子を選べる。



こちらの屋上も網が貼ってあるが一応景色を見ることはできる。



こちらの屋上にも神社があった。



柱のそばにブロック。しかし窓にガラスではなく金網というのは珍しい。



椅子の裏に様々な大きさのブロックが準備されている。これでどんな需要にもこたえるというわけだ。



下を見ると先ほど言った円形の広場が見えた。



近江町市場



めいてつエムザのすぐ向かいにある近江町市場がなかなか良い雰囲気だったので紹介したい。



今回訪れたのは午後5時過ぎなので営業している店が少ないが雰囲気はだいたいわかると思う。



上からぶら下がっている四角い案内板がかっこいい。



奥のほうへ行くとまさにシャッター街といった感じの部分もあった。


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る