ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

パリジャンのエッフェル塔

2017年9月訪問




今回訪れたのは2016年9月にオープンしたばかりのマカオの巨大カジノホテル「ザ・パリジャン・マカオ」です。
超高級ホテルのようですが、意外と安く一人1万3000円くらいから泊まれるようです。とはいえ私が泊まるホテルはその10分の1の価格ですから縁のない高級ホテルであることに変わりはありません。
今回訪れた理由は宿泊でもカジノでもなくエッフェル塔に登ることです。
見ての通りホテルには本物の2分の1サイズ(高さ125m)の巨大なエッフェル塔がそびえたっており、37階の展望台からマカオの景色を眺めることができます。
ちなみにエッフェル塔といえばここからたった60km先の深圳の世界の窓にも高さ108mのエッフェル塔がそびえたっています。



早速エッフェル塔に行きたいところですが、ホテルの内装がすごかったので紹介します。
まずはホテルのエントランス。強大な吹き抜けに噴水があったりして豪華です。



さらにホテルの中はたくさんのお店が並んでいて一つの町みたいになっています。



廊下も御覧の通り重厚な作りになっています。



ホテルの側面の入り口も無駄に豪華でした。



さて気を取り直してエッフェル塔へ。エッフェル塔はホテル5階の入り口から入るのですが、広すぎて入り口を見るけるのに苦労しました。
そして100パタカもしくは100香港ドル(約1400円)を払ってエッフェル塔へ・・・と行きたいところですが、係員が言うには今37階の展望台は工事中なので7階の部分だけ無料で入れるとのこと。
係員の話を聞いていたら5階の入り口の写真を撮り忘れてしまったので、上の写真は入り口を入った先のチケット売り場です。



チケット売り場を出るとエッフェル塔へと続く通路になっています。
今は人がいませんが、行列ができた時のことを考えるとこのような長い通路があるといいのかもしれません。



そしてついにエッフェル塔が見えてきました。
本物にはない通路でいきなり7階に行けますが、塔の再現度はなかなかです。



連絡橋を渡ってエッフェル塔の7階へ行きます。



7回デッキ部分です。さすがにこの辺の再現度は高くなくて斜行エレベーター等はありません。



7階からでもマカオの発展ぶりを見ることはできましたが、高い建物が多いので見通しはよくないですね。



塔の鉄骨を見ると本物と同じようにフラッシュライトがついていました。細かいところですがよく再現されています。



おまけ
マカオの北側にある中国との出入口の拱北口岸です。
金曜日の夕方ということもあってか、ものすごい数の人が中国側に向かって流れています。少し待てば、すくのではないかと思って近くのスーパーで買い物して30分後に戻ってきたのですが相変わらずの人の多さでした。
結局私もこの流れに交じって中国に行ったのですが、中国側に抜けるまでちょうど1時間もかかってしまいました。

ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る