ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

中城モールの人魚像

2016年訪問


沖縄の中城(なかぐすく)にある中城モールの裏に謎の人魚像があるというので見に行きました。



これが中城モールです。家具屋を中心にいろいろな店が入っているモールだそうですが、すでにこの時点で怪しいですね。
壁に描いてある絵がwindowsのペイントで書いた感が満載ですね。背景が白いのと色使いの問題でしょうか。個人的には嫌いではないです。



側面にも虹を吹き出す大きなクジラと人魚などがペイントされていました。
ちなみに店内ですが、特別おかしいということもなく、普通に営業していました。



この中城モールは海のすぐそばに立地しており、砂浜になっているのですが・・・



そこには怪しい人魚像が!



そう、これが噂の人魚像です。
体が真っ白なので錆の跡が目立っています。適当に放置されているのかと思いきやきちんと岩に固定されているようです。
しかし説明が書かれた看板などが見つからないので余計に謎が深まります。



裏から見ると人魚像は中城モールを見つめているのがわかります。



見ての通りこの周辺には特に何もなく、人魚像だけがぽつんと置かれています。



反対側も同じように砂浜が広がっているだけです。


・・・この記事を書きながら人魚像について調べてみると、おきぽた(http://www.okipota.com/soul/column/column001/)に詳しい情報が載っていました。
その記事によると、昔中城モールに入っていたマーメイドというレストランにちなんで作られたもので、放置されているわけではなく現在もきちんと補修が続けられているらしいです。
たしかにネット上には私が訪れた時の状態よりサビがひどい人魚像の画像や、色がついている状態の人魚像の画像が上がっていますね。
補修をするときに色を塗るのをやめて真っ白にしてしまったのはちょっと残念ですが、補修が続けられていることはよいことです。
今では恋人同士でこの人魚像を見ると結ばれるという伝説まであるようだし、ぜひ沖縄の新しい観光スポットとして有名になってほしいところです。




中城モールのそばにはもう一体の人魚像もおいてありました。
たぶんこれも同じようにして作られた人魚像なのだろうけど、先ほどの人魚像が海岸に設置してあるのにこちらは階段の横でちょっと扱いが悪いですね。
ただし保存状態はこちらのほうがよさげ。



おまけ
人魚像があった海岸はサンゴなどが散らばっていて沖縄らしいです。


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る