ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る


リアルポケモンGOの旅



最近ポケモンGOというゲームが配信され人気となっている。このゲームは位置情報を利用し街中に出現するポケモンをゲットしていくという内容で、旅行やコレクションが好きな管理人のような人間にはぴったりなゲームだ。ポケモンGOといえばやっぱりAR(Augmented Reality・各超現実)機能。街中にポケモンが出現してそれを捕まえることができるなんてポケモントレーナーのあこがれだろう。本当はポケモンGOの目玉として紹介されるAR機能であるが実はおまけ機能であり、ゲームの本質はGPSを利用した位置情報にある(AR機能はオフにできるしオフにしたほうがポケモンを捕まえやすかったりする)。それはともかく現実世界にポケモンが出現する感覚は面白い。そしてポケモンほどの有名なキャラクターになるとポケモンGOを使わなくても街中で見つけることができるのだ。ARならぬ"リアル"ポケモンGOの旅に出てめざせポケモンコンプリート!

注意 ここで集める街中のポケモンは、ポケモンセンターやポケモングッズ売り場など公式のポケモンに関係ないところで見つけたポケモンたちだけにする。ポケモンセンターなどでポケモンをゲットしていたらすぐに全種類集まってしまうからである。






 

基本的にポケモンを見つけた場所は著作権とかいろいろアレなところが多いので秘密にしておこうと思うのだがここはバレバレだ。宇都宮市の玄関宇都宮駅の西口にはいくつか石像が設置されているのだが、見ての通り有名なキャラクターの石像も多く2匹のピカチュウを捕獲した。それにしても一匹は色がどうかしているし目が真っ黒。もう一体も顔と体のバランスが悪い。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 栃木県






水路沿いで水ポケモンをゲット。いろんなポケモンがいるのに主役がコイキングというのが素晴らしい。しかしカイオーガが普通に泳いでいる水路とか危険そうだがコイキングより小さいし大丈夫かな。



隣にはザリガニに交じって伝説・幻のポケモンが出現。

ゲットしたポケモン[コイキング・ニョロモ・ヒンバス・トサキント・カイオーガ・アズマオウ・アメタマ・サニーゴ・ウパー・アリゲイツ・ディアルガ・パルキア・マナフィ] 栃木県






ふうせんなんか使わず羽を使って飛ぶ。これが本当のそらをとぶピカチュウだ。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 栃木県






駅前の特産品売り場で古そうなポケモンマットを発見。これは2015年に撮影したのだが何年間使っているんだろう。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ・コイキング・ニャース] 福岡県




 

飛び出し看板にピカチュウを発見。隣にカーブミラーがあるのに小さいバックミラーもついている。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 奈良県






歩道橋に貼ってあったポスター。ダイヤモンド・パール時代に書かれたものだろうか。最初の三匹のポッチャマとワニノコ、電気マスコットのパチリス、アニメで活躍したエイパム、そしてコイル。やはり小学生に人気だった。

ゲットしたポケモン[ポッチャマ・ワニノコ・エイパム・パチリス・コイル] 栃木県








呉服店の入り口に置かれたポケモンドーム。偽物にしてはよくできているのでポケモン公式のイベントかなんかで使ったものを譲り受けたのかもしれない。

ゲットしたポケモン[ニャース・ピカチュウ・フシギダネ・ミュウ・ケンタロス・ギャラドス・ゲンガー・コダック・ピッピ] 北海道








 

 

お寺のお地蔵さんの前にもピカチュウ。なぜ石材屋はピカチュウの石像を作ってしまうのか。そしてなぜこのお寺はピカチュウの石像を購入したのか。そしてそしてなぜそのピカチュウをこの場所に置いたのか。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 栃木県




石材店でピカチュウとニョロゾを発見。ピカチュウはいいとしてニョロゾを作るという渋い選択。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 茨城県






レストランでもピカチュウを発見。耳が長い。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 栃木県







住宅街に置いてあったピカチュウ。ゴミ運搬用のカートだろうか。金網が組み合わされており素人には作れそうにないクオリティの高さだ。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 北海道








ゲームコーナーを案内する看板のピカチュウ。目がどうかしてる。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 新潟県












とあるショッピングセンターの休憩所。どんぐりの森と書いてあるがどんぐり成分はゼロでピカチュウしかいない。もはやピカチュウの森と改名したほうがいいだろう。このショッピングセンターにポケモン関連の店舗が入っていないだけに謎が深まる。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 三重県





とあるパン屋で見つけたもの。本物のポケモンパンよりこっちのほうがよっぽどポケモンパンだ。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 栃木県






きけんを知らせる看板にピチューがいた。まだ余白が多いのにピチューだけというのも寂しい。

ゲットしたポケモン[ピチュー] 茨城県





  

とあるデパートの屋上でなぜかポケモンを発見。なぜかぽつんと置いてある提灯自体が謎だ。しかもなぜかフォッコちゃんが書いてない。一番かわいいのに。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ・ケロマツ・ハリマロン] 大分県



 

保育園の看板にもピチュー。公式かと思ったが色が変なのでたぶん偽物。

ゲットしたポケモン[ピチュー] 神奈川県




期間限定のポスターでポケモンを発見。ちなみにリアルポケモンGOの世界では伝説のポケモンよりチリーンのほうがレアだ。

ゲットしたポケモン[チリーン・ゲンシカイオーガ] 栃木県





これは有名なので場所を隠さなくても大丈夫だろう(?)。宇都宮の富士重工業の壁がふれあいアトリエとして開放されていて申し込めば絵を描くことができる。絵は1人3区画で2年間掲示され、刷毛や絵の具も無料で提供されるらしい。壁に絵がかいてある場所ならたくさんあるが、このふれあいアトリエのすごいところは絵の8割くらいが著作権的に問題がある絵ということだ。富士重は絵の内容に関して何も言わないのだろうか。もちろんポケモンもたくさん書いてあってもはやサファリゾーンと化している。数が多いのでまとめて紹介しよう。ちなみにふれあいアトリエはポケモンGOのポケストップが連続している。宇都宮でも一番の密集具合かもしれない。



ゲットしたポケモン[ピカチュウ・ポッチャマ・ヒコザル・マルマイン・ギラディナ・ディアルガ・ピチュー・フワンテ] 栃木県



ゲットしたポケモン・人間[アルセウス・ピンプク・タケシ・サトシ・ヒカリ・ソーナンス・ソーナノ・ムクホーク・ルカリオ] 栃木県
(同じポケモンは省略)



ゲットしたポケモン[パルキア・ビリリダマ・ジュカイン・メガニウム・キモリ・プラスル・マイナン・ヤンヤンマ] 栃木県



ここまでは2011年に撮影したもの。今となっては忘れ去られているがギザみみピチューがやたら多い。そして右側の大きなお友達が書いたと思われる絵が細部まで描きこまれているのでポケモンをゲットにたくさん貢献してくれた。

ゲットしたポケモン・人間[ホウオウ・ヒビキ・コトネ・チェリンボ・チェリム・ヒメグマ・ヒノアラシ・チコリータ・キャタピー・トランセル・コクーン・カラサリス・マユルド・パラス・ミノムッチ・ドクケイル・ハネッコ・ポポッコ・ヒマナッツ・ロゼリア・ミミロル・ユクシー・アグノム・エムリット・ウソッキー・アゲハント・シェイミ・ドータクン] 栃木県



ゲットしたポケモン・人間[ミジュマル・ツタージャ・ポカブ・イーブイ・エンブオー・ゲノセクト・メガレックウザ・ゲッコウガ・ビクティニ・チラーミィ・エモンガ・ミュウツー・ニンフィア・メロエッタ・イエロー・ゼルネアス・メガミュウツーY] 栃木県



上の二つは2015年と2016年に撮影したもの。

ゲットしたポケモン[オタマロ・バニプッチ・シビシラス・タマタマ・ハスボー・キングドラ・コイル・フーパ・ブースター・ルギア・ワニノコ] 栃木県

このふれあいアトリエをグーグルストリートビューで見たところゼクロム・レシラム・ロトム・ゾロアーク・ヤナップ・ムクバード・グレッグル・マンキー・キマワリが発見された。ムクバードやキマワリはレアなので取りのがしたのが残念だ。


ここまで見てきてわかってきたかもしれないが、リアルポケモンGOの世界のレア度はこのような感じだ。
よくいる ピカチュウ
たまに見かける 伝説・幻のポケモン 初代のポケモン 最初の三匹 アニメ等で活躍したポケモン
めったにいない 珍しくないポケモン
要するにゲームとは真逆である。といっても街中でポケモンを発見すること自体たまにしかないのでピカチュウでも大切に捕まえるのだ。


台湾編



ポケモンの筆箱・・・しっかりしているので本物かと思ったら裏面は・・・



公式のイラストをコピーしたと思われるが色の塗りミス多すぎ。アニメならともかく静止画なのに塗り忘れとかありえないだろう。真ん中の耳が黄色いのはまだしも左の茶色の縞を塗り忘れるとか気づかないのか。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 台湾




ピカチュウ型の常夜灯を発見。立体的なポケモンを発見するのは珍しいのでうれしい。

 

顔が不気味である。後ろを見るとしっぽが全部茶色い。

 

放熱のためか頭とおしりに穴が開いている。

 

常夜灯なので光らせてみよう。なかなかきれいだ。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ] 台湾




地下鉄のポスターになぜかジャリボーイ。こんなところで出会うとはロケット団もびっくりだ。



車内のモニターでも登場。ちょっと太った?



駅のモニターにも登場。2016年だがアニメ無印の格好だ。

ゲットした人間[サトシ] 台湾




観光地でマクノシタを発見。書いてある理由はわからないがマクノシタみたいなレアポケモンが見つかってうれしい。

ゲットしたポケモン[マクノシタ] 台湾






屋台のパチンコみたいなゲーム。上のピカチュウの目が気持ち悪い。ゼニガメが1点、トゲピーが2点、カメールが3点、ラブカスとタマザラシが5点、リザードが10点という点数配分も謎。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ・ゼニガメ・トゲピー・カメール・ラブカス・タマザラシ・リザード] 台湾






こちらは筒にピンポン玉を入れるゲーム。ゼニガメの目が怖い。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ・ゼニガメ] 台湾




これもパチンコみたいなゲーム。料金投入口を一切考慮していないデザインだ。

ゲットしたポケモン[ピカチュウ・ニドラン♂・シェルダー・ヒトカゲ] 台湾





このゲームに書いてあるキャラクター、顔はピカチュウに似ているが他は全然違う。ほかのキャラクターもどこかで見たような感じだしなかなか巧妙だ。





屋台で買ったホットケーキみたいなおやつ。しっぽと耳からしてピカチュウだと思われる。


ゲットしたポケモンはピカチュウしかいないので以下省略




台湾でも日本のガチャガチャは大人気。たくさんの日本製のガチャガチャがあってそのほとんどは本物なのだが明らかに怪しいものを見つけた。



6匹セットがあったのでまとめ買い。まずほとんどのやつが目がおかしい。



後ろを見ると6匹中5匹がしっぽが真っ黄色だ。どうやらしっぽは別に成型して取り付けたようで塗装されていない。

 

この二つは特に顔の形がおかしい。長時間見ているとこっちの精神が不安定になりそうだ。

 

こいつはなかなかよくでいているように見えるが、後ろを見るとしっぽが横から生えている。



横にはくっつけた跡があるので、製造の都合でこうなったのだろう。



唯一しっぽが茶色く塗られている個体だが、横から見るとしっぽの上のほうが分厚い。結局6匹いるのにまともな個体はゼロである。



 

陶器製のピカチュウ。ほっぺがピンク色で珍しい。さらにしっぽはもっと珍しい。


 

こちらのピカチュウは一見まともだが後ろの縞模様を塗る気がなさすぎる。





デパートで見つけたピカチュウ。



偽物かと思ったら本物だった。本物なのでゲットにはカウントしない。



しかしこのクオリティの低さ。下の日本の着ぐるみと比べると差は歴然である。







ここまででゲットしたポケモン
コイキング・ニョロモ・トサキント・アズマオウ・ニャース・ピカチュウ・フシギダネ・ミュウ・ケンタロス・ギャラドス・ゲンガー・コダック・ピッピ・ニョロゾ・マルマイン・ビリリダマ・キャタピー・トランセル・コクーン・パラス・イーブイ・ミュウツー・タマタマ・コイル・ニドラン♂・シェルダー・ブースター
サニーゴ・ウパー・アリゲイツ・ピチュー・ソーナンス・メガニウム・ヤンヤンマ・ホウオウ・ヒメグマ・ヒノアラシ・チコリータ・ハネッコ・ポポッコ・ヒマナッツ・ウソッキー・キングドラ・ルギア・ワニノコ・エイパム
ヒンバス・カイオーガ・アメタマ・ソーナノ・チリーン・ジュカイン・キモリ・プラスル・マイナン・カラサリス・マユルド・ドクケイル・ロゼリア・アゲハント・ハスボー・マクノシタ
ポッチャマ・ヒコザル・ギラディナ・ディアルガ・フワンテ・アルセウス・ピンプク・ムクホーク・ルカリオ・パルキア・チェリンボ・チェリム・ミノムッチ・ミミロル・ユクシー・アグノム・エムリット・シェイミ・ドータクン・パチリス・マナフィ
ミジュマル・ツタージャ・ポカブ・エンブオー・ゲノセクト・ビクティニ・チラーミィ・エモンガ・メロエッタ・オタマロ・バニプッチ・シビシラス
ケロマツ・ハリマロン・メガレックウザ・ゲッコウガ・フーパ・ゲンシカイオーガ・ニンフィア・ゼルネアス・メガミュウツーY

計104種類。ちなみにピカチュウは数え方にもよるが48匹。

おまけで人間は
タケシ・サトシ・ヒカリ・ヒビキ・コトネイエロー
の6人だ。

のこりのポケモンは600種類以上もいる。ポケモンマスターへの道はまだまだ長い。

To Be Continued.


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る