ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

チャンギビーチパーク

2016年9月訪問 [1°23'31.3"N 103°59'19.5"E]



チャンギビーチパークはシンガポール・チャンギ国際空港の北側にある海岸です。
ビーチは東西に二つに分かれており、西側はチャンギビレッジという町のすぐ隣にあります。ビーチでは食事をしたりゆったりするのもいいのですが、チャンギ国際空港に離着陸する飛行機もよく見えるので撮影にも便利です。
私は着陸する飛行機の写真を撮ろうと思って北風の時はエキスポ駅の近くのチャンギビジネスパークから、南風の時はチャンビーチパークで撮影すると決めていたのですが南風だったのでチャンギビーチパークに行くことにしました。



私が行くときにバスの乗り方を少し迷ったので図を作ってみました。2016年9月の情報です。

バスで行く場合は地下鉄タンパインズ駅にバスターミナルがあるので、そこからチャンギビレッジ・チャンギビーチパークを通るNo.19バスかチャンギビレッジ行きのNo.29バスに乗ります。どちらもオフピーク時は10-15分間隔、ピーク時は10分間隔のようです。
私はターミナルがあることに気づかず、小さなバス停に行ってしまいチャンギビーチパーク行きのバスが来ないのでちょっと焦りました。

後で分かったのですが町の中心のチャイナタウン、ブギスとチャンギビレッジを結ぶNo.2のバスもあるようです。帰りはこのバスに乗ったところ2階建てバスでした。運行間隔はネットから調べ方がわかりませんでした。2番という番号からすると本数は多そうな気がしますが・・・

バスの運賃はICカードで払ったのでこちらもわからなくなってしまいましたが、1〜2シンガポールドルくらいのはずです。
バス車内では次のバス停が放送されないので地味なバス停で降りたいときは注意が必要です。特に2階建てバスだと降りるタイミングが難しいです。



チャンギビレッジのバス停の付近です。食事処があったりホテルがあったりします。



チャンギビレッジから橋を渡るとすぐチャンギビーチパークです。



公園内は道が整備され、木がたくさん植わっているので飛行機を撮らないときは日陰で休んでいられます。



飛行機を撮るときは浜辺の海際に出ないと木が写真に写りこんでしまうので、休憩所の日陰と撮影地の浜辺の往復を繰り返すことになります。



公園の中央には飲み物やお菓子が売られている売店やトイレがあって便利でした。
ちょうどポケモンGOが始まったばかりということもあり、この公園にいる人の半数くらいはポケモンGOをやっているようでした。
のこり半分はビーチでくつろいでいる人や海で遊んでいるようです。

ちなみに飛行機を撮影するために訪れたと思われる人は私以外に見当たりませんでした。



話題がそれますがこちらはチャンギビレッジの近くです。ポケストップ密集地になっており、駐車場の出入り口にもかかわらず人がたむろしています。
せっかくなので私もプレイしていましたが、ポケモンがよく出る場所と飛行機撮影に適した場所が違うので何度も往復すると疲れます。



ビーチに生えている木にぶら下がっていた謎の実。
花が咲きそうになっているものはあったが花が咲いているものは見つけられなかった。



割れ目からひも状のものが伸びていて不気味です。



でかいトカゲのような生物もいました。日本では見たことないサイズのトカゲです。暖かさが生物を大きくするのでしょうか。



首回りがすっきりした鳥もいました。これも暖かいからでしょうか。



飛行機の話題に入りますと、第1滑走路に着陸する飛行機はこんな感じで見えます。
写真はシンガポール航空のB777-300ERです。
シンガポールは小さな国なのでチャンギ国際空港の発着便はすべて国際線です。シンガポール航空も国際線ばかりなので小さい飛行機を持たず、保有するすべての機体はワイドボディ機です。



第二滑走路に着陸する飛行機はちょっと遠いですが一応見えます。今回の目玉であったルフトハンザのA380と、このあと来たブリティッシュのA380は第二滑走路に降りてしまい残念でした。
今回はチャンギビーチパークの東側には行きませんでしたが、撮りたい飛行機が第二滑走路に着陸する確率が高ければ東側まで行ったほうがいいですね



これはシンガポール航空が導入したばかりの最新鋭機A350-900で私も初めて見たA350となりました。わざわざシンガポールに来た甲斐があったというものです。
しかし3か月後に日本路線にも投入されることが判明・・・



チャンギ国際空港はアジアでも最大級の空港ということもあって数分おきに飛行機が来るので飽きません。
日が暮れてきたので特別塗装のシンガポール航空のA380を見て撮影終了としました。この特別塗装機はシンガポール建国50周年記念のもので、成田にも来たことがあるようですが見たことがなかったので撮影できてよかったです。



日が暮れるとチャンギビレッジの飲食店(ホーカーズ)はますます繁盛しているようです。



ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る