ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

成田空港・東成田駅・空の駅風和里しばやま・東峰神社



成田空港

日本の玄関成田空港、私が一番お世話になっている空港です。



着陸する飛行機から見た第二ターミナル。



第二ターミナルロビーの様子。



第一ターミナル



第一ターミナル




第二ターミナル。昔はここからシャトルに乗って離れになっていた飛行機乗り場に移動していたが、いつの間にかシャトルがなくなっていた。。



第二ターミナル。シャトルで移動していたところは今はただの通路に。



第二ターミナル
このように一段下がって箱型になっている待合室は、落ち着いた雰囲気があってよい。



第二ターミナル国内線の待合室
現在では第三ターミナルができてLCCはみなそっちに行ってしまったため、さびしくなったのではないだろうか。



第二ターミナル国内線の待合室



第二ターミナル国内線の待合室


成田空港といえば敷地内に謎の民家が立っていることでも有名です。下の写真はどれも飛行機の中からとったものです。



謎の民家その1。



謎の民家その2。こちらの家には高い塔が立っていますが何に使うのでしょうか。



左が謎の民家その1、右がその2。奥がA滑走路で右に行くとB滑走路。
二つの民家はこの写真のように誘導路に囲まれるように立っていますが、出入りはどうしているのか、人は住んでいるのかなど謎は尽きません。




東成田駅

現在の成田空港の駅というとJRと京成が乗り入れている空港第2ビル駅と成田空港駅が有名だが、東成田駅という地味な駅もある。ここは昔成田空港駅として利用されていたが、現在の成田空港駅ができたことで本線から分離されて地味な駅になってしまった。
さらにこの駅は京成電鉄と芝山鉄道のつなぎ目の駅となっている。芝山鉄道は隣の芝山千代田駅までの一駅しかない鉄道会社で、日本一営業距離が短い鉄道会社として有名だ。



成田空港内にある東成田駅。現在でも近くにターミナル連絡バスのバス停があるので成田空港へ行くための駅としても十分利用できる。



今では利用客も少なく、このようなさびれた謎空間があったりする。



改札口。右の柵はいかにも後から付け足したような様子を漂わせていますが、覗いてみると・・・



旧成田空港駅時代のものと思われる遺跡が広がっていた。



この駅からは第二ターミナルに歩いていけるが、とにかく長い道を歩かされる。









L字の角の部分。昔はこの道をたくさんの旅行者が歩いたのだろうか、スーツケースを引っぱりながらだと歩くのが億劫だ。



ホームには成田空港時代の看板が残っている。



ホームに電車が来た。客は少なくても、必ず警察か警備員みたいな人が一緒に乗る。



芝山千代田駅。ここまでたった2.2km。



線路の端はこんな感じ。延長計画もあるのだとか。




空の駅風和里しばやま

成田空港の近くにある産地直売所。





空の駅だけあって飛行機が展示してある。ここから成田空港のA滑走路に着陸する飛行機もよく見える。



隣の駐車場には昔第二ターミナルで使われていたシャトルも展示してあり、片方の車両は中に入ることができる。



シャトルの内部。



東峰神社



ここを左に曲がると東峰神社。神社があることを知らなければ、ふつうは通り過ぎてしまうだろう。



周辺が背の高い白い壁に覆われていて怪しい雰囲気が醸し出されている。



これが東峰神社。一見ふつうの神社だが、実はここはB滑走路の端から100mも離れていない場所である。



そのため飛行機が来るとすぐ上空を通過していくので迫力満点。飛行機の撮影にもってこいだが、周りが壁に囲まれているので音がしてからカメラを構えるようでは飛行機を逃してしまう。



神社の入り口を反対のほうへ行くと、家や畑がある。



ここから先は立ち入り禁止のようだ。



飛行機から撮った写真。左の滑走路がB滑走路。東峰神社と滑走路の近さが分かる。




さくらの丘公園

A滑走路の北端にある飛行機の撮影に便利な公園だ。
最近ではさくら館という空の駅もできて休憩にも便利になった。もともとコンビニが隣にあるので飲食物もすぐに調達できる。







ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る