ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

浅草
浅草地下街/EKIMISE・松屋浅草・東武浅草駅観光センター/浅草寺/凌雲閣跡/花やしき

浅草地下街

浅草地下街

地下鉄浅草駅とも直結している商店街です。東武浅草駅の近くのアーケードにこの入口があります。
このようなレトロな入り口を見るとつい入ってみたくなりますね。

浅草地下街

浅草地下街

そんなに長くない地下街ですが、中はさらにレトロな光景が広がっています。
地上のきれいなアーケードとの対比がいいですね。


EKIMISE・松屋浅草・東武浅草駅

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

夜の画像しかなくて申し訳ありません。東武浅草駅と合体しているEKIMISE・松屋です。それでは屋上を見てみましょう。

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

スカイツリーがよく見える屋上です。ビアホールも兼ねているようですが、ビアホールは屋上の一角を占めるのみなのでそこを利用しない人でも気軽に立ち入ることができます。



広々としていていい屋上です。

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

さすがに東京のデパートなので廃墟感は漂っていませんが、デパート外観の重厚なつくりに比べると配管むき出しであったりして手抜き感が出ているのがよいですね。



次はEKIMISE直結の東武浅草駅です。

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

東武浅草駅は我が宇都宮市にも乗り入れる東武鉄道の拠点駅です。とはいっても6両編成までしか入れない駅なので、10両編成の通勤電車は東京メトロ半蔵門線のほうに乗り入れて行ってしまい、浅草駅は拠点駅という割にはにぎわっておりません。

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

この電車は私もよくお世話になっている快速(区間快速)東武日光・新藤原・会津田島行きです。区間快速は栃木以北各駅停車となりますが、宇都宮市民には関係のないことです。6両編成ですが、2両ずつ行き先が違って途中で切り離されるシステムになっております。一番遠くの会津田島はなんと福島県です。私鉄の快速の中ではかなり長い距離を走っております。

東武浅草駅・EKIMISE・松屋

浅草駅の名物といえばこの渡し板です。カーブがきついホームなので電車のドアとの隙間が広くなってしまうので、電車が止まると係員が板を渡してくれます。



浅草文化観光センター




こちらも夜の画像しかなくて申し訳ありません。雷門のすぐ正面にある展望台のあるビルです。



この展望台の良いところは、無料であるのにスカイツリーや浅草寺といった有名観光地がよく見えることです。展望台の隣にはカフェもあります。
一応観光情報を提供している施設なので、変な展示やシアターもありますが誰も見ていませんでした。2階には雷門を眺めながら使えるコンセントとフリーWiFiもあります。



スカイツリー方面はこんな感じ。



浅草寺方面はこんな感じです。
残念ながら南側には窓もベランダもなく、展望することができません。展望台と言っておきながら汚い街並みは見せず、きれいな景色の方向だけ見せるというやり方は行政の作った展望台にありがちですね。個人的には360度きれいに眺められてこその展望台です。たとえすぐ目の前にビルがあったとしても・・・



この展望台のすごいところはガラス張りではなく外に解放されていることです。個人的にはガラスがないので映り込みもなくきれいな写真が撮れるし、外の雰囲気も感じられるのでうれしい展望台なのですが、やはりカメラを落とす危険性があるので注意書きが貼ってあります。
東京の人通りの多い道路に面しているのに外にものを落とす可能性がある設計には疑問を感じますが、誰かがものを落としたりして、ガラスを張られてしまったりするかもしれないので、ガラスなしを堪能したいなら今のうちに見に行くのがいいのかもしれません。


浅草寺



凶が入っていないぬるいおみくじが多い中、きちんと凶がでるおみくじを置いていることで知られる浅草寺です。
雷門から続く仲見世通りも有名ですね。私はここでスカイツリーの模型を買ったのですが、ほかの店も見てみると奥の本堂に近い店になるにつれて値段が安くなっていってがっくりしました。電車で来た人間は入り口近くの店で買ってしまうので、本堂に近いところのほうが賃料が安いのでしょうか。ちなみに650円から800円くらいまで差がありました。


凌雲閣跡



明治時代に存在していたといわれている浅草十二階こと凌雲閣の跡地です。現在はパチンコ屋になっています。
凌雲閣は12階建ての建物で当時としては高層建築物だったので浅草のランドマークであったようです。しかし関東大震災で8階より上が崩壊してその後建物全体も撤去されたようです。



写真のようなモニュメントが設置され凌雲閣があったことが示されています。
その上に東京三大タワーなどと書いてありますがさすがに無理があるような気がしないでもないです。普通の人は東京のタワーと言ったら二大タワーしか思い浮かびませんし、これを三大タワーと呼んだら田無タワーが泣いてしまいそうです。



花やしき


1853年開業と、日本最古の遊園地と言われている浅草花やしきです。ただし途中で閉園していた時期があるため歴史としてはひらかたパークのほうが長いようです。
1953年完成の日本一古いジェットコースターのローラーコースターも有名です。






入場料は1000円のようです。昔は無料だったのですが周りにある歓楽街のおっさんの休憩場になってしまったので有料にしたとかなんとか。

 

郊外にある遊園地と違って都会のど真ん中にあるためコンパクトにまとまっている・・・というよりごちゃごちゃしているのが特徴です。



こんな感じで屋上もあります。



遊園地の隣がマンションというのが東京らしいです。


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る