ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る

イトーヨーカドーネットスーパー西日暮里店・セブンイレブン世界本店・目白四丁目仮児童遊園

2017年7月訪問


イトーヨーカドーネットスーパー西日暮里店

東京の西日暮里にはコンビニサイズののイトーヨーカドーがあります。
コンビニサイズのイトーヨーカドーって、それセブンイレブンなのでは?
という声が聞こえてきそうですが本当にイトーヨーカドーなのです。では早速行ってみましょう。



あ、コンビニ発見。

・・・ではなくたしかにイトーヨーカドーです。
どこからどう見てもセブンイレブンサイズの店舗ですが、見間違いではありません。たしかにコンビニのようなイトーヨーカドーは存在したのです。



店舗はL字型になっているようです。駐車場はたったの2台しかありません。ということはそこらのコンビニよりも小さいですね。



横から見るとリボンがかわいいですが奥に長いわけでもないようです。



実は広大な地下売り場が広がっている・・・というわけでもないようです。営業時間もコンビニと違って24時間ではありませんね。


こんなに小さいならセブンイレブンでもよい気がしますが、どうしてこんなに小さいイトーヨーカドーができたのでしょうか。


上から2枚目の写真をごらんください。じつはこのイトーヨーカドーネットスーパー西日暮里店の本体は、店の後ろにある巨大な白い倉庫なのです。
・・・客は入れませんが、小さすぎると思ったイトーヨーカドーはどこのイトーヨーカドーよりも大きかったのかもしれませんね。

そしてこの店舗は名前からもお分かりの通りネットスーパー向けに作られた店舗です。ネットスーパーで酒や薬を販売するために法律で実店舗が必要だったために小さい店舗がおまけで作られたというわけです。

2017年10月現在、イトーヨーカドーで店名にネットスーパーがつくのはここだけのようですが、これからネットスーパーが普及していけばこれと同じように小さいイトーヨーカドーが増えるのかもしれませんね。




おまけ
イトーヨーカドーネットスーパー西日暮里店から西に150m行ったところにイオン系列のまいばすけっとを発見しました。
まいばすけっとの文字がなければ、「うおー小さいイオンだすごい!」となるところ、まいばすけっとという名前がついているだけで、「なんだまいばすけっとか。」となってしまうから不思議。

名前が変わるだけでただのコンビニから珍しいスーパーマーケットに変わってしまう。我々はなんだか企業のブランド戦略に遊ばれているような気がしますが気にしないことにしましょう。


セブンイレブン世界本店

さて、次は南千住駅の近くにやってきました。ここは泪橋という暗い歴史のある場所ですが今回はここにあるセブンイレブンに注目です。



一見何の変哲もないセブンイレブンです。



自転車を止めるラックがあるセブンイレブンは珍しい気がしますが、それくらいならホームページで取り上げるほどではありませんね。


ではこのセブンイレブン、何がすごいのかというと・・・



店名が世界本店なのです。

記事のタイトルに書いてあるので気づいてましたか?
どう見ても支店にしか見えない小さい店舗ですが、ここが全世界に62935店(2017年6月末現在)あるセブンイレブンの本店だというからびっくりですね。



・・・なんてことはなく、このセブンイレブンには台東日本堤2丁目店という名前もあるようです。

うわさによると昔ここに世界本店という有名な酒屋があったので世界本店という二つ名がついているらしいです。
店舗名が変なだけで普通のコンビニが珍しい観光地になってしまう。企業のブランド戦略に遊ばれているような気がしますが気にしないことにしましょう。


目白四丁目仮児童遊園
[35°43'35.3"N 139°41'57.3"E]

池袋駅の近くにはとても小さな公園があります。
しかも道路の脇ではなく道路の中に。



こちらが問題の公園。
確かに道路を柵で囲っただけのように見えます。これでは車などの通行の邪魔に見えますが・・・



ここは線路に突き当たった道路なので問題ないのです。



公園の名前は豊島区立目白四丁目仮児童遊園。仮なんですね。



横から見てもやっぱり狭いですね。まあ仮ですから仕方がありませんね。



この公園唯一の遊具は宝くじから助成があったようで、真ん中で堂々と主張しています。
そして左にあるのは砂場といっていいのかよくわからないもの。仮砂場とでも言っておきましょうか。
奥に生えているものも木なのか雑草なのかよくわかりません。たぶん仮に植えてみたのか、勝手に生えてきたけど仮にそのままにしているのでしょう。



この公園の名前から仮が取れる日が来るのかはわかりませんが、こんな公園でもきっと近所の子供たちにとっては楽しい遊び場でしょうから大切にしてあげてほしいものです。


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る