ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る


霞城セントラル・スカイタワー41
2013年9月訪問

霞城セントラル



山形駅直結の高層ビルである霞城セントラル。霞城セントラルという名前がかっこよすぎて展望台なんかないおしゃれオフィスビルなんだろうなと思っていたらちゃんとあった。しかも山形県産業科学館なんかが入居していて意外と一般人にも親しみやすいビルなのであった。



ロビーの様子。飲食店や観光案内所もある。



霞城セントラルは高さ115mで、24階に展望ロビーがあり入場無料で公開されている。この上の屋上には展望回廊があるらしいのだが、私が行った時には公開されていなかった。展望ロビーは今風の落ち着いた感じでガラスの面もそこそこあり特に悪くはない。





山形駅と町の中心部の様子。電車や山形新幹線が動いているところを見ることができる。



霞城公園の様子もよく見える。



駅の西側はまだ開発されていないのか空き地が広がっている。



23階は眺めのいい展示コーナーとのことで、座れるスペースや町の歴史が展示してあるコーナーなどがある。



環境シミュレーションなる山形市のジオラマもおいてあるがどのように使うのかは不明。



2階から4階には産業科学館があり、入場無料で楽しむことができる。



入場無料にしては充実した展示物。



産業科学館だけあって山形に関連する企業の展示物が充実しており見ていて面白い。




スカイタワー41

ど田舎に立つ謎の高層ビルがあることをご存じだろうか。




その名もスカイタワー41。上山市にあるマンションで、その高さはなんと134m!あの霞城セントラルより高のだ。



ど田舎に立っているといっても田んぼのど真ん中にぽつんとあるわけではなく、周辺は住宅地であるので安心してほしい。



高層ビルの隣が畑。



今回訪れたときは外壁を掃除しているようで、たくさんのゴンドラがぶら下がっていた。
高層ビルと平面駐車場の組み合わせもなかなか見られるものではない。



入り口は立派だ。ここはマンションなので中に入ることができないのは残念であるが、一度はこういうところに住んでみたいものである。



少し離れると周り高層ビルがないのでひときわスカイタワー41が際立つ。
高層階じゃなくてもそうとういい眺めだろう。



ここまでくると周りの住宅地も見えなくなって田んぼの中に立っているようにしか見えない。背景の山もいい味を出している。



おまけ
踏切をわたる山形新幹線とスカイタワー41

かみのやま温泉駅から東京駅まで新幹線で2時間30分から2時間50分程度。運賃は11340円。こんな田舎でも新幹線ならあっという間なんだなあ。


ルナャェヌの観光ホームページトップに戻る